名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売却事例

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て

弊社で成約した、不動産物件の売却事例の一部をご紹介させて頂きます。

登録件数:334件
  • 土地

    名古屋市西区 土地の売却

    (全体)
    売却価格4000万円査定価格3800万円
    詳  細住み替え及び事業所移転による土地の売却相談を頂きました。
    ご相談者様は市内にて住居兼事業所の敷地約80坪の不動産をご所有でしたが、建物の老朽化及び事業所の拡大に伴い市外の約150坪の土地への買い替えを希望しておりました。ご相談を受けた際は、買い替え先の土地の購入資金の準備はできておりましたが、事業所の建設費用の資金の準備ができておらず建設費用の資金確保のために売却をお急ぎでした。
    そこでご相談者様はお知り合いの不動産会社に売却のご相談をされておりました。
    しかしスピードを重視されたために査定金額は満足のいくものではなく、売却が上手くいっても建設費用の資金確保ができないことにご不満をお持ちでした。
    ご相談を受けた弊社では、兼ねてよりお付き合いのあった大手建売業者をご紹介致しました。こちらの会社は直近で対象不動産の近隣にて建売分譲を行い、早期で全戸完売していた分譲会社、その為対象不動産のエリアにて非常に好印象をもっており、結果ご相談者様のご希望以上の金額にて売却を行う事に成功いたしました。
    土地の売却額を上げられるかどうかは、売却を依頼した会社がその地域のニーズ、過去の取引事例をどれだけ把握しているかにかかっています。
    弊社ではご相談の場所に応じエリアに精通したスタッフが担当させて頂いております。
  • マンション

    名古屋市中川区 マンションの売却

    (全体)
    売却価格1930万円査定価格1900万円
    詳  細当初大手不動産会社と専属専任媒介契約を結んでおられましたが、3カ月経っても売れないとの事で売却の相談をうけました。
    お客様のご希望は現在も依頼中の大手不動産会社への売却依頼は一般媒介として続けながら、弊社に2社目の不動産会社として活動して欲しいとの事でした。
    物件事態は、引き合いも多く、内覧を希望する人も少なくありませんでしたが、実際に家の中を見てもらうとなぜかいつもお断りされてしまうとの事でした。
    弊社ではまず過去の案内方法をお伺いさせて頂き問題点を指摘させて頂きました。
    問題点
    ①居住中に係わらず案内希望を頂くとすぐにご内覧を頂いていた。
    ②昼夜問わずご内覧頂いていた。
    ③売主様立合いでご内覧頂いていた。
    改善案
    ①案内前に家具のレイアウト変更や清掃のご提案
    ②陽当りの良い時間帯でのご案内のご提案
    ③買主様にゆっくり見て頂く仕組み造りのご提案
    上記問題を一括で改善させて頂くために案内は週1回、日曜日の午前中に固めさせて頂きました。
    それにより物件の清掃&買主様にゆっくりご内覧頂く時間の確保ができ最初の日曜日にご内覧頂いたお客様で無事契約に至る事ができました。
    弊社では、不動産売却のプロフェッショナルとして様々な問題がある物件も1つ1つ丁寧に問題の解決を行いご満足頂ける不動産売却のお手伝いを行っております。
  • マンション

    名古屋市瑞穂区 マンションの売却

    (全体)
    売却価格2690万円査定価格2600万円
    詳  細6年前にマンションを購入して頂いたお客様から戸建に住替えるのでマンションを売却して欲しいとご依頼を頂きました。
    同マンション内で販売中の部屋や近隣で販売中の物件と比べると、購入時より高くても割安に感じます。どうせならと少し高めの価格で販売開始したところ、価格交渉はありましたが購入時より高く成約することができました。
    売主様も快く補修やハウスクリーニングに費用を掛けてくれたので買主様にも大変喜んで頂けました。
  • 土地

    名古屋市瑞穂区 土地の売却

    (全体)
    売却価格2950万円査定価格2800万円
    詳  細相続した古屋付の土地を処分したいと無料査定サイトからご相談頂きました。
    訪問査定の際に解体と残置物撤去の見積をしましたが、見積と説明が丁寧だったとの評価を頂き専任媒介でご依頼を頂きました。
    近隣事例の過去最高額、坪/88万円をめざし、坪/93万円の3000万円で販売開始と予定していましたが、他社の営業マンに「確実に3100万で買うお客がいるので専任で任せて欲しい」とのご機嫌取り査定に流されてしまい、3280万で販売開始することとなりました。
    広告してすぐ近隣の方の娘様から2700万で購入申込書を頂きましたが、売主様は3000万以下では話にならないと交渉にも応じて頂けません。次々と買付をもらいますが近隣の方の感覚では2850万(坪/90万)以上は出せないようです。
    売主様の御宅で過去の事例など説明をしながら3000万は無理だ2900万円を目指そうと何度かご提案したところ販売広告価格を当初の3000万に改定してもらえました。すると具体的な商談が数件入り、2950万円で成約に至りました。
  • 戸建

    名古屋市緑区 一戸建ての売却

    (全体)
    売却価格2500万円査定価格2400万円
    詳  細俗に言う任意売却です。
    弊社は、名古屋市の任意売却相談専門窓口(HP参照)の一面があり、愛知県全域からの相談が連日あります。
    その中で、不動産業者や銀行へ依頼すれば直ぐに任意売却に取り掛かれるものと誤解されている方が多く見受けられます。
    実際は相談者が銀行との関係をどこまで拗らせているのかにもよりますが、初期段階の方は任意売却開始まである程度時間を要します。
    まずは相談者自らが銀行へご自身の生活状況(収入状況等)を伝える事から始まるのですが、何をどう伝えて良いのかも分かりませんよね??
    銀行に自身の収入状況を伝え“聞いてもらえた”と言う事が精神衛生上からも良いのですが、現実はなかなか出来ない方も多い様です。
    弊社はそれら全てアドバイスします。本当の意味で1~10までのフォローです。
    相談者、銀行、弊社が同じ目的(少しでも高く一般市場での売却)の元に協力して取り組むので、疎外感も無く安心して任意売却を進められます。
    末期段階の方は必要手続き後、直ぐに取り掛かれる場合もあれば、残念ながら競売は避けられない(末期の末期)場合もあります。
    そうならない為にも住宅ローンに対して先行き不安を感じている方は取り敢えず弊社へご相談下さいませ。
  • 戸建

    小牧市 一戸建ての売却

    (全体)
    売却価格1900万円査定価格2200万円
    詳  細賃借人退去による売却です。
    販売期間1年半、査定価格割れと言う結果になった事例です。
    その原因は何なのか??
    1.築28年の鉄筋コンクリート造建物の評価をし過ぎてしまった。
    RC造なので計算上では残存価値有りとして十分に評価出来ますが、売主様も私も建物評価をし過ぎていました。
    2.物件地域の需給バランスは圧倒的な供給過多にも拘わらず類似物件に比べて相当な割高販売をしていた。
    木造、軽量鉄骨、鉄骨の同じような築年数と比較すると全く適わなかったですし、建物メンテナンスはおざなりでパッと見からしても“RC造だから”と言うセールスポイントが全く通じない。
    3.急いでの売却を望んでいなかった為に、価格改定に相当な日数を要した。
    購入当時(バブル期)の価格と現実的な相場との差を理屈では理解出来ても気持ちが追いつくまで時間経過が必要であった。
    4.長期販売物件=塩漬け物件と言うレッテルを貼られ物件に対する問い合わせが殆んど無くなっていた。
    完全な悪循環に陥っていました。

    最初から査定価格近辺で販売していれば違った結果になったかどうかは分かりませんが、長期化するよりは査定割れのリスクは避けられます。
    そうならない様に当初の査定ミスを認めて売主様に価格改定を打診していましたが、だからと言って当事者からすると“ハイわかりました!”とはなりません。
    気持ちの切り替えも必要ですし、何せバブル期購入の高額物件ですから・・・・。
    売主様のその気持ちは理解していましたので時間を掛けながら徐々に徐々に価格を下げて成約まで至ったという事例です。
    何事にも言えますが第三者と当事者では物事の捉え方が全く違いますし、現実を理解する事とそれを受け入れる事はイコールではありません。
    肝要なのはその事を理解する事であり、売主様も私がそれを前提として対応している事を実感していたと思います。
    そうでなければ1年半も同じ業者で引っ張らないですから。
  • マンション

    名古屋市千種区 マンションの売却

    (全体)
    売却価格1770万円査定価格1750万円
    詳  細相続したマンションを売却したいとご相談を頂きました。
    オーナー様はご結婚を機に遠方にお引越しされるため、「中々名古屋に来れないため、専任にて任せたい」とご契約していただきました。
    お部屋の状態は築後年数の経過にて劣化しており、空家となって日が経過し汚れていたため、まずは掃除をし販売を行わせて頂きました。お客様をご案内した際、「リフォーム費用がかなりかかりそう」「配管等は大丈夫か?」と、あと一歩踏み切れないというような方が多かったため、リフォームプランをいくつか作成し、ご来場して頂ける方皆様にご提案をしていると一組の方にプランを気にいって頂きご成約となりました。
    室内が劣化していたりすると、中々お客様は生活風景が見えづらく、あと一歩が踏み出せなかったりします。そんな時は事前の見積もり、いくつかのプラン作成、完成図等事前の準備が大切です。私どもは購入者様の視点に立ち、事前の準備、現地での対応等を行い、成約まで結びつけます。
  • マンション

    名古屋市名東区 マンションの売却

    (全体)
    売却価格1230万円査定価格1180万円
    詳  細「退職を気に海外へ移住する為、マンションを売却し、税金を清算してからお子様にお金を残していきたい」とオーナ様からのご相談でした。ご相談いただきました時オーナー様は他社様からもお話を聞かれておりましたが、税金、販売、売却後の事等を何度も確認しお話をしているなかで、ホームプランナーにて専任契約をいただき、販売を開始させて頂きました。
    初めはオーナ様希望の価格にて高値出しをしておりましたが、全く反響がなく、ご心配をされておりましたが価格の見直しを行い再度販売をしたところ、販売開始から2ヶ月にて成約となりました。そのあとはとんとん拍子で引渡しまで終わり、海外に移住され第2の人生を歩まれているようです。
    色々なご事情がある中で不動産の売却をご決意されると思いますが、売るだけでなく、次のステップを歩むために最後までお手伝いさせて頂ければと思います。税金に関しては税理士、法律に関しては弁護士、登記に関しては司法書士と各分野の専門家と常にサポートさせて頂きますので、是非何でもご相談頂ければと思います。
    お客様からの一本のご連絡お待ち致しております。
  • 戸建

    瀬戸市 一戸建ての売却

    (全体)
    売却価格2600万円査定価格2600万円
    詳  細諸事情による売却です。
    私が過去に取引した事のある分譲住宅コミュニティーからのご依頼でした。十数個のコミュニティーでしたが、過去に取引した方の建物と2件隣と言う偶然です。
    ご自宅にて査定をする際には、その当時(去年)の具体的な活動状況等をお伝えしたのですが、その話に凄く興味を持っていただき、それもあってか弊社が依頼先に選ばれました。
    昨今と言うか数年前からですが、自宅売却を決めた方は、まずはネットから数社にアプローチ、その上で物件にて詳細査定、その中から売却依頼業者の決定、と言う流れを取る方が多くなっています。
    依頼先を決める判断基準は、単に査定価格が一番高いから、大手だから、地域密着型の不動産業者だから等、それぞれ何を重要するかは個々の感性によります。
    パッと考えてみても瀬戸市の物件を名古屋市の業者に依頼して大丈夫なのか?と思う方も多いと思います。
    しかしながら、今回の方、過去の取引の方も、名古屋市西区に事務所を構える弊社を選ばれました。
    個人的に見ると、市内の方と市外の方からのご依頼を受ける割合は半々くらいです。それは何故なのか??ですが、“名古屋市 不動産売却 (株)ホームプランナー”でHPをご覧になって下さい。
    その上で、担当となる営業マンと会って弊社の強み等の説明を聞いてみればご納得頂けると思います。
  • マンション

    名古屋市港区 マンションの売却

    (全体)
    売却価格1680万円査定価格1600万円
    詳  細買換え(マンションから戸建)による売却です。
    買換えの場合、売却が先か?購入が先か?を問われますが、一概に“どちらかが先”と言う回答はございません。
    ただ、殆んどの方が“自宅が売れてから購入したい”と言うお考えがあるので、どちらが先か?と言うよりは“売却が先を希望する方が多い”です。
    何故なら住宅ローンが残ったまま買換えをする方が殆どなので、先に買ってしまって今の自宅と買換え先の物件のダブルローンは避けたいですから。
    しかし一方で、買換え先の物件には何からの理由で自宅売却をしている売手側の存在を忘れてはいけません。
    このケースの方も自宅が売れる事が前提でしたので、言い換えると“自宅が売れなければ買えない方”と言う事です。
    このケースを売手側目線に変えると、考えるまでもなく売手側のデメリットですから、売手側からしたら“この方との契約は×、他の購入希望者を探して欲しい”となります。
    ではどの様にしてこのケースの買換え契約が成就したのか?ですが、それは各々のご意向を汲んだ契約内容であった事に尽きるのですが、詳細は長くなるのでここでは割愛します。売手側に多少のリスクはあったものの、全く問題無く進んで行きましたので、双方大満足と言って良い取引でした。
登録件数:334件