名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ
名古屋の不動産の売買・中古住宅なら株式会社ホームプランナーへ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

おすすめ不動産物件情報

    • 名古屋市中区千代田3丁目
    • 3,980万円
    • 名古屋市中区千代田3丁目
    • 中区千代田の都心部希少立地です!
      地下鉄鶴舞線、名城線、JR中央線3沿線利用可能の交通の利便性に優れた好立地!
      平成21年築の築浅美邸です♪
      インスペクション実施済みにつき中古住宅でもご安心いただけます◎
      駐車2台可能となります☆(縦列)
      リビングの吹き抜け等、こだわりの室内をぜひご内覧ください!
    • 名古屋市中区橘1丁目
    • 6,380万円
    • 名古屋市中区橘1丁目
    • ◆地下鉄名城線・鶴舞線の2沿線が利用可能な「上前津」駅徒歩6分、周辺には幼稚園・小学校・商業地域等も近く生活便利な立地です。
      ◆本物件は商業地域・建蔽率80%・容積率474%の地域にあり、賃貸マンションや自社ビル用地にも適しています。
      ◆建築条件の無い土地となりますので、ご希望の建築メーカーにて建築することが可能です。
      ◆国道19号線、名古屋高速「東別院IC」が近く交通アクセス良好です。
    • 名古屋市中村区沖田町
    • 8,480万円
    • 名古屋市中村区沖田町
    • フロンヴィルホームの注文住宅です☆
      土地面積は125.22坪で間口約20m、駐車場は3台可能で2台はビルトインガレージ!
      リビングが吹き抜けで、思わずお友達を招きたくなるような内装です♪
      1階のキッチンはカウンター式で、カップボードや便利な勝手口がございます♪
      広い南庭ではバーベキューやプール等様々な用途でご活用いただけます♪
      現地ご案内などお気軽にお問い合わせください!
    • ザ・シーン徳川園
    • 3,180万円
    • ザ・シーン徳川園
    • 22階部分の北東角部屋につき眺望良好です!
      ナゴヤドームが眼下に望めます♪
      スーパーが目の前にあり、徳川園も近く住環境良好です!
      24時間有人管理、ダブルオートロック等、防犯面も安心です◎
      コンシェルジュサービスがあり、ホテルライクな内廊下仕様です♪
      空室につき随時ご案内可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい!

【税金マメ知識】

アパートやマンション経営が節税対策になるって本当?

「固定資産税」「都市計画税」を大幅軽減!

アパートやマンションなど不動産投資経営のために要する土地は「賃家建付地」と呼ばれ、住宅一戸につき200㎡まで、固定資産税は1/6、都市計画税は1/3の支払いで済みます。更地や青空駐車場といった遊休地を不動産経営に役立てれば、税金負担も大幅に軽減することができます。
図1
ワンポイント
『固定資産税』って?
土地や建物といった固定資産の所有者が、毎年1月1日に固定資産の所在する市町村に納付する税金。通常税額は、固定資産価格から算出されます。
『都市計画税』って?
都市計画や区画整理といった事業費用として、市街化区域内に土地や建物を所有している人から徴収。税率は一律ではなく市町村によって異なります。

しかも「相続税」まで安くなるんです!

アパートやマンションの敷地である「賃家建付地」は、遊休地よりも相続税が低く評価されます。しかも、建築に必要な借入金等の債務は相続財産から全額除外され、建物の評価も実際の建築価格より低く設定されることが多いので、結果的に相続税が安く済むわけです。
ワンポイント
相続時期の目安は?
被相続人が亡くなる直前にあわてて相続税対策を行ない、失敗する例も少なくありません。こうした税対策は早い時期から始めることが望ましく、できれば相続を受ける3年程度前からは始めておきたいものです。

損益通算を利用すれば「所得税」も節約!

例えばサラリーマンの方がアパート・マンション経営をする場合、その賃料収益は月々の給与所得と合算することができます。これを「損益通算」といいます。つまり、賃料収益が赤字になっても給与所得と合算した場合に総所得が減少すれば、その分所得税が安くなるのです。
ワンポイント
『損益通算』って?
例えば、給与年収500万円、不動産経営での赤字が150万円だった場合、本来なら500万円に所得税が課税されるところ、500万円―150万円=350万円となり、差額の350万円のみへの課税で済むのです。 最近はこの損益通算を活用した不動産投資経営で、会社員や公務員の方々が節税対策に積極的に取り組まれるケースが増えています。