名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 売りたい
    • I・B様/名古屋市緑区エリア/男性
    • I・B様/名古屋市緑区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:複数の査定サイトに見積りを依頼しましたが、現地確認や査定金額の提示、遠方の不動産売却の手続きについてなどを
         御社の玉田さんが一番早く連絡して下さったからです。他社さんは御社との契約後に連絡が来ました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:遠方だったので、打ち合わせや契約・決済などで何度か名古屋に出向く必要があると思っていましたが、メールや郵便などで対応
         して頂き、御社への訪問はこちらの都合の日時で調整して頂いた一回だけですみました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:売却にあたり雑草の手入れの手配や、ホームページの写真の入れ替え等、素早く対応して頂きました。
         売買手数料は各社の差はないと思いますが、担当の玉田さんのスピード感ある対応に満足しております。
    • 売りたい
    • N・N様/清須市エリア/男性
    • N・N様/清須市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:知人の不動産鑑定士に紹介していただきました。選ぶ決め手は無かったのですが、「安心して任せられる会社」と御社を推薦してく
         れました。不動産の仕事に対する社長・従業員の方々のポリシーがしっかりしていますとおっしゃっていたので決めました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:売却の金額が妥当なのかどうか分からなかったのですが、鑑定士に妥当な金額だと判定されました。
         また、売却金の受渡しが不安だったのですが、担当の桜井さんから事前にネットバンキングでの受渡しについて説明していただけ
         たので安心して契約できました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:不動産物件の売却方法・進め方などについて担当の桜井さんから定期的に報告をいただき、進捗状況も丁寧に教えていただきま
         した。顧客に不安を感じさせない営業に安心しました。今後のより一層のご発展をお祈りしております。
    • 買いたい
    • T.T様/名古屋市千種区エリア/男性
    • T・T様には名古屋市千種区エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:近くにスーパー、病院がある事が一番の決め手でした。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:本契約まで少し時間がかかった事。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の山崎さんにはお世話になりました。
    • 買いたい
    • K・I様/岐阜県多治見市エリア/女性
    • K・I様/岐阜県多治見市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:物件の利回りです。また、自分の出身地に近くある程度土地勘があることです。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:借主様の商売状況と土地所有者の素性、建物の実際の建設費と質です。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:売主様と良い関係にあり自由度があると感じました。
    • 売りたい
    • A・I様/名古屋市緑区エリア/男性
    • A・I様/名古屋市緑区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:3社から見積もりを取って話を聞きましたが、担当の高田さんが一番親切に対応して頂けたので御社に決めました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:売却物件が希望額で売れているのか、いつ頃売れるのかが気になりました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:高田さんにほとんど任せっきりだったので何かあれば連絡もあり特に問題はなく売却出来ました。

お声一覧はこちら

【税金マメ知識】

アパートやマンション経営が節税対策になるって本当?

「固定資産税」「都市計画税」を大幅軽減!

アパートやマンションなど不動産投資経営のために要する土地は「賃家建付地」と呼ばれ、住宅一戸につき200㎡まで、固定資産税は1/6、都市計画税は1/3の支払いで済みます。更地や青空駐車場といった遊休地を不動産経営に役立てれば、税金負担も大幅に軽減することができます。
図1
ワンポイント
『固定資産税』って?
土地や建物といった固定資産の所有者が、毎年1月1日に固定資産の所在する市町村に納付する税金。通常税額は、固定資産価格から算出されます。
『都市計画税』って?
都市計画や区画整理といった事業費用として、市街化区域内に土地や建物を所有している人から徴収。税率は一律ではなく市町村によって異なります。

しかも「相続税」まで安くなるんです!

アパートやマンションの敷地である「賃家建付地」は、遊休地よりも相続税が低く評価されます。しかも、建築に必要な借入金等の債務は相続財産から全額除外され、建物の評価も実際の建築価格より低く設定されることが多いので、結果的に相続税が安く済むわけです。
ワンポイント
相続時期の目安は?
被相続人が亡くなる直前にあわてて相続税対策を行ない、失敗する例も少なくありません。こうした税対策は早い時期から始めることが望ましく、できれば相続を受ける3年程度前からは始めておきたいものです。

損益通算を利用すれば「所得税」も節約!

例えばサラリーマンの方がアパート・マンション経営をする場合、その賃料収益は月々の給与所得と合算することができます。これを「損益通算」といいます。つまり、賃料収益が赤字になっても給与所得と合算した場合に総所得が減少すれば、その分所得税が安くなるのです。
ワンポイント
『損益通算』って?
例えば、給与年収500万円、不動産経営での赤字が150万円だった場合、本来なら500万円に所得税が課税されるところ、500万円―150万円=350万円となり、差額の350万円のみへの課税で済むのです。 最近はこの損益通算を活用した不動産投資経営で、会社員や公務員の方々が節税対策に積極的に取り組まれるケースが増えています。