名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 買いたい
    • H・F様/名古屋市中川区エリア/女性
    • H・F様/名古屋市中川区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:リノベーション物件でキレイだったこと。
         敷地が広く、世帯数が多いため管理費・積立金も安く、管理が行き届いていたから。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:遠方からで詐欺にあうのではと言う不安があったが、担当の杉本さんの対応が良く安心しました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:福岡から不動産の購入だったので不安だらけでしたが杉本さんの対応がすごく良く名古屋の人も人間味に溢れていてすごく安心し
         ました。
    • 買いたい
    • K・Ⅰ様/名古屋市港区港陽エリア/男性
    • K・I様には名古屋市港区港陽エリアの物件をご成約いただきました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:会社、学校、親類との距離、物件の価格から選びました。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:実際にいくらほどお金が必要になるのかが不安でした。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の桜井さんには非常に親身になって頂きお陰様でマンションを購入する事が出来ました。
         御社にお願いして良かったとおもっております。有難うございました。
    • 買いたい
    • S・K様/名古屋市名東区エリア/男性
    • S・K様/名古屋市名東区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:気になっていた土地を扱っていたから。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:お金(総額がいくらになるかなど)

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:いつもオシャレなスーツを着こなしている担当の猪飼さんの対応の早さにとても感謝しています。
         おかげでスムーズに土地の契約ができました。ハウスメーカーと密に連携を取ってくださったのもありがたく思っています。
    • 売りたい
    • K・S様/春日井市町屋町エリア/男性
    • K・S様には春日井市町屋町エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:弁護士さんからの紹介です。


      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:私たちの気持ちに親身になってくれるか心配でした。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:小さなお願い事も担当山崎さんに一生懸命やって頂き信頼してお任せする事が出来ました。
         常に現状報告をして頂いたおかげで安心出来ました。
         本当に色々とお世話になり有難うございました。これからも宜しくお願い致します。
    • 買いたい
    • T・S様/名古屋市名東区名東本通エリア/男性
    • T・S様には名古屋市名東区名東本通エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:築年数の割にお部屋が改装済みで綺麗だったこと。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:特にありませんでした。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:御社の反省点はありませんでしたが、自分の反省点として、もっと物件の細部までチェックをするべきだったと感じました。
お声一覧はこちら

不動産用語集

モジュール
もじゅーる

建物を設計するときの基本的な寸法のこと。日本の一般的住宅では「910mm=3尺」単位の「尺モジュール」が使われている。いわゆる田舎間(関東間)がこのサイズ。関西の伝統的住宅では「955mm=3.15尺」単位の京間(本間)が用いられてきた。最近のプレハブ住宅などでは「1m」単位の「メーターモジュール」を採用するケースが増えている。廊下幅や部屋を一回り広くでき、バリアフリーにも対応するメリットがある。