名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 買いたい
    • T・N様/名古屋市千種区エリア/男性
    • T・N様/名古屋市千種区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた決め手は何でしたか?
      A1:室内の第一印象です。しっくりくる感覚でした。もちろん間取りや地域環境も探していた条件に当てはまっていました。 

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:価格が適正であるかどうか、不動産の価値をどのように判断していいのか全く無知ですので全ておまかせしました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の舟橋さんに様々サポートをいただき安心して購入の手続きを済ませる事ができました。
         ありがとうございました。
    • 買いたい
    • N・S様/北名古屋市二子栄和エリア/男性
    • N・S様/北名古屋市二子栄和エリアの物件をご成約いただきました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:直感とインスピレーションです。
         また、地理的条件と価格でした。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:特に不安はありませんでした。  


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の桜井さんより、一つずつ丁寧にご説明をいただき、御社にて購入を決めて良かったと大変感謝しております。
         ありがとうございました。
    • 買いたい
    • H・A様/岩倉市エリア/男性
    • H・A様/岩倉市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:最初は希望通りの物件の取扱い店というだけでしたが、最終的には営業担当の玉田さんの知識と対応が決め手でした。
         
      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:中古物件ということで、家の状態と、ローンの支払いが不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:希望通りの家を迅速に入手でき、大変満足しております。ありがとうございました。
    • 売りたい
    • K・A様/小牧市エリア/男性
    • K・A様/小牧市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:インターネットで売却依頼をした時、いくつかの不動産会社から連絡を頂いた中で担当の島田さんの対応が大変感じが良かった
         ので御社にお願いしました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:売却が決まるまでにもっと時間が長くかかるのではないかと不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:思っていたより早く売却が決まり、担当の島田さんに売却依頼をして良かったと思っています。
         素早い対応をありがとうございました。
    • 買いたい
    • P・C様/名古屋市東区東桜エリア/女性
    • P・C様には名古屋市東区東桜エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A1:担当の方にとても親身になって相談にのって頂き安心して取引が出来ました。

      Q2:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A2:担当の髙田さんは非常に熱心で誠意をもってスピーディーに対応されるのでこの物件に決めて良かったと思っています。
         有難うございました。
お声一覧はこちら

不動産用語集

手付解除
てつけかいじょ

手付解除とは、売主、買主の双方が、「契約の履行」に着手するまでは、買主は手付金を放棄することで、また売主は受け取った手付金の2倍を買主に返すことで売買契約を破棄することができるという取り決めのこと。
売主と買主の間で、契約が成立したことを確認し合うために、買主から売主に支払われるのが手付金。その金額は、宅建業者(不動産会社)が売主の場合には、1. 完成物件の場合は、売買金額の10%または1000万円を超える場合、2. 未完成物件では売買代金の5%、または1000万円を超える場合は、一定の保全措置を講じなければならない。また、売買代金の20%を超える手付金を売主が受け取ることはできない(ともに、宅建業法による規定)。この手付金には、契約不履行の際なんらかの賠償を求める「証約手付」、「違約手付」と、いつでも契約を破棄できる「解約手付」の3つがあるが、双方でなにも決めていない場合は、すべて「解約手付」ということになる。双方は理由の内容に関わらず、買主は手付金を放棄することで、売主は手付金の2倍を買主に払うことで契約を破棄できる。ただし、それは、双方が「契約の履行」に着手するまで、となっていて、一般的には買主からすると「すでに内金や中間金を払った」などで、売主からすると「所有権移転の仮登記申請をした」などとなるが、一番いいのは、その時期までも初めの契約時に双方で決めておくことだ。