名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 買いたい
    • S・Y様/名古屋市千種区エリア/男性
    • S・Y様/名古屋市千種区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:物件の豊富さと実績の多さです。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:手続きの手間です。申し込みから契約までの期間内に突発的な事象が発生しないかの不安がありました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:今後ともよろしくお願いします。
    • 売りたい
    • H・H様/名古屋市中村区名駅南エリア/男性
    • H・H様/名古屋市中村区名駅南エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:ネットで依頼し5つの会社が手を挙げられましたが、担当の杉本さんの熱意が強く伝わったので依頼しました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:私も中古マンションを購入したのですが、いざ売却に出すと売れるかどうか不安でした。金額についても不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:3ケ月という早い期間で買主様を探して頂き有難う御座いました。
    • 売りたい
    • Y・M様/豊明市沓掛エリア/男性
    • Y・M様には豊明市沓掛エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:知っている不動産屋さんが無かった為インターネットで検索して見つけました。
         質問に対する返答の早さが決め手となりました。
         また、担当小芝さんが非常に丁寧であった事も気に入りました。


      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:売却にあたり調査をしていくにつれ非常に難しい物件である事がわかり売却出来るか不安になりましたが、
         担当小芝さんのきめ細やかな助言と情報により安心してお任せすることにしました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:低価格な物件であったにも関わらず熱心に取り組んで頂いた事に感動致しました。
         御社の経営方針がしっかりしていて、お客様への対応をとても大事にしている事がよくわかりました。
         本当に有難うございました。
    • 買いたい
    • H・K様/名古屋市西区坂井戸エリア/男性
    • H・K様には名古屋市西区坂井戸エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:リフォームが行き届いており綺麗だったから。
         築年数のわりに安かったからです。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:プロパンガスなので料金がどの位かかるか心配でした。
         庄内川が近いので水害が心配でしたが、県の調べで安全だと報告を受けました。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の猪飼さんは気さくな方で柔軟な対応をしてくれました。
    • 買いたい
    • H・M様/春日井市白山町エリア/男性
    • Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:築年数、雰囲気、価格です。担当の小芝さんから紹介物件です。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:今後の状況です。
         

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:3件目の取引になりますが、小芝さんにはいつも細かい所までお気遣い頂いて助かってます。
お声一覧はこちら

不動産用語集

開発許可
かいはつきょか

開発許可とは、都市計画区域内、つまり、市街化区域、市街化調整区域において一定面積以上の開発行為を行おうとするものに、都道府県知事の与える許可のこと。

都市の乱開発を防ぎ、その健全な発展と秩序ある整備を目的とした都市計画法で定められた手続きで、基本的には1000平方メートルを超えて土地の区画形質を変更するような開発行為には、あらかじめ都道府県知事にその計画を届け出て許可をもらう必要がある。逆に、許可が必要でない開発行為としては、駅舎その他鉄道の施設、社会福祉施設、学校、公民館など公益上必要な建築物を建てることや、非常災害のため必要な応急措置として行う開発行為などがある。