名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 買いたい
    • Y・S様/名古屋市北区エリア/女性
    • Y・S様/名古屋市北区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:立地と土地の大きさです。
         価格は少し予算を超えていましたが、御社の仲介で価格交渉をして頂き助かりました。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:水害や地盤の強さについて不安がありました。北区のハザードマップを調べた他、担当の島田さんも行政に
         過去の水害について問い合わせて下さいました。
         あとは、売主さんが売買成立前に取引中止されないかと不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:初めての土地購入で不慣れなことが多く、また知識も貧しいなかで島田さんが親切にいろいろ教えて下さり大変助かりました。
         ありがとうございました。
    • 買いたい
    • S・H様/名古屋市昭和区御器所エリア/男性
    • S・H様には名古屋市昭和区御器所エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:好きな場所と物件の種類。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:隠した瑕疵がないか。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の小芝さんのやさしさです。また積極的・主導的に情報を提供してくれました。ありがとうございました。
    • 売りたい
    • C・S様/半田市エリア/女性
    • C・S様/半田市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:子供がインターネットで調べて選んでくれたので子供を信じて決めました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:私にとっては大きな事ですし、遠く離れており一度も会った事のない方と、やりとりは書類と電話で不安ばかりでした。
         それなのにトントンと事は運び、担当の小芝さんは一生懸命やってくれ、何より良い結果でほっとしました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:御社の事は担当の小芝さんしか知りませんが、良い結果を出して下さりありがとうございます。
         買い手の方も良い方で、本当に良かったと心から思っております。
    • 買いたい
    • H・H様/稲沢市エリア/女性
    • H・H様/稲沢市エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:駅に近い事と土地が広い事です。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:リフォームにどれくらい費用がかかるか分からず心配でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当の島田さんは非常に熱心で誠意を持って対応して下さったので安心出来ました。娘と住めるのがうれしいです。
         本当に有難うございました。今度は今住んでいる家の売却を依頼します。よろしくお願いします。
    • 売りたい
    • M・K様/名古屋市中区エリア/男性
    • M・K様/名古屋市中区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:複数の不動産会社に話を聞いたが、ホームプランナーさんが一番良く動いてくれ、希望金額にも近づけて下さいました。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:タイミング良く、希望金額で売却できるかという点です。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:積極的な提案でよかったです。
お声一覧はこちら

不動産用語集

守秘義務
しゅひぎむ

宅建業者およびその使用人、その他の従業者は、正当な理由がなければ、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはならず、宅地建物取引業を営まなくなった後、またはその使用人等でなくなった後でも同様とされている。宅建業者等は、宅地または建物といった依頼者の重要な財産について、相談を受けたり、取引に関与したりして他人の秘密を知る機会が多いので、業務上知った他人の秘密を守ることをとくに強く義務付けられている。「正当な理由」が認められる場合として、たとえば、指定流通機構における取引事例収集に協力するために成約報告をする場合等があげられる。