名古屋中古住宅などの不動産物件の売買・販売・買取り・査定をご希望なら、信頼と実績のホームプランナーへ。名古屋不動産物件情報が満載です。只今、中古住宅の買取り強化中です!。

不動産の売買なら名古屋のホームプランナー 名古屋の不動産に関するお問い合わせは052-522-2223 Webからのお問い合わせ

売りたい方

  • 無料査定
  • 売却事例
  • 売却ガイド
  • 売却相談

お客様の声

    • 買いたい
    • K・Y様/名古屋市中村区エリア/女性
    • K・Y様/名古屋市中村区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた決め手は何でしたか?
      A1:ちょうど欲しいと考えていた物件に条件の合うものがあったからです。また、その後も物件の問い合わせについて担当の杉本さんがとても親切に対応
         して下さったからです。
        
      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:中古の場合、物件は管理状況によって大きな違いが出るため、見ただけでは分からない管理状況が不安でした。同時に投資用物件は入居者の質に
         よってもその後の維持のしやすさが変わるのでその点も不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:とても真摯な対応に感謝しています。担当の杉本さんはこちらからの質問に対して細やかな調査をして下さり物件情報をしっかり与えて下さいました。
         今回の契約がうまくいったのも、すべて杉本さんのおかげだと思います。ありがとうございました。
    • 買いたい
    • S・K様/名古屋市名東区エリア/男性
    • S・K様/名古屋市名東区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:気になっていた土地を扱っていたから。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:お金(総額がいくらになるかなど)

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:いつもオシャレなスーツを着こなしている担当の猪飼さんの対応の早さにとても感謝しています。
         おかげでスムーズに土地の契約ができました。ハウスメーカーと密に連携を取ってくださったのもありがたく思っています。
    • 売りたい
    • T・T様/名古屋市千種区千代田橋エリア/女性
    • T・T様には名古屋市千種区千代田橋エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当社を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:職場の社長の紹介で信頼出来ると思ったので。

      Q2:売却に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:活動期間が長くなってきた事。
         一番初めの時点で担当の古橋さんのノウハウをもっと生かせれば期間、売却金額がよかったと思いました。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:どんな事も気になる事が出てくると急いで相談が出来て、折り返し連絡を重ねてくれました。
         次第に安心が増して不安が少なく契約に至りました。
         周りの人などに不動産の事を聞かれたらホームプランナーさんがあるよ!と伝えます。お世話になりました。
    • 買いたい
    • K・H様/名古屋市中区新栄エリア/女性
    • K・H様には名古屋市中区新栄エリアの物件をご契約頂きました!


      Q1:不動産は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:気に入っていた物件の広告を御社が出されていてホームページを拝見し、信頼のおける会社だと思いました。


      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:中古物件なので耐震性、水廻り、エレベーター等設備の古さが気になりました。


      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:担当桜井さんには初めて案内して頂いた時から、非常に親切・誠実に対応をしていただきました。
         御面倒をおかけする事が多かったのですが、最後まで本当丁寧にお付き合い下さいました。
         大変感謝しております。有難うございました。
    • 買いたい
    • G・Y様/名古屋市天白区エリア/女性
    • G・Y様/名古屋市天白区エリアの物件をご契約頂きました!

      Q1:不動産会社は数多くありますが、当物件を選ばれた理由は何でしたか?
      A1:物件価格やランニングコスト等の費用面、利便性、広さとリフォーム済みだったことです。

      Q2:購入に際し、一番不安だった事は何ですか?
      A2:どこの金融機関でローンが組めるのか、金利はどれくらいになるのかという点が不安でした。

      Q3:当社に対してのご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
      A3:初めて電話した時から毎回迅速に対応して頂き、不明な点も都度教えて頂いたため、短期間で物件購入ができとても感謝しております。
         金融機関もご紹介して頂けてよかったです。
         転居後に手直しして頂きたい点がいくつか見つかりましたが、担当の舟橋さんやリフォーム業者の方もすぐに確認しに来てくださり、対応して頂けるよう
         で安心しています。
         自宅の売却の件も改めてお願いしたいと思っています。今後もよろしくお願いいたします。
お声一覧はこちら

不動産用語集

競売物件
けいばいぶっけん

競売物件とは、不動産の所有者が、ローン破綻など債務の不履行に陥った場合、差し押さえられた該当物件を、地方裁判所が競売にかけたもののこと。
不動産所有者が債務不履行に陥った場合、債権者は、抵当権を行使して、地方裁判所に執行費用を予納したうえで、該当担保物件の競売を申し立てる。これを受けて、裁判所は、物件の競売にとりかかることになる。競売物件の最低売却金額は、通常売買物件の30~60%。裁判所の委託を受けた執行官により、物件明細書が作られ、一定期間、希望する人全員に閲覧させ買い受け人を決定する(期間入札)。入札に参加するには、執行官が調査してつけた、物件の最低入札金額の20%を現金で納付するか、金融機関の保証金支払保証書を提出しなければならない。期間入札で売れなかった場合は、特別売却によって最低売却金額で買受人を募る。それでも買受されなかった場合は何カ月か後に、最低入札金額を下げて期間入札を行い、それを3度までは繰り返すことができる。それでもなお買受人が現れない場合は、競売物件は取り下げられる。